crucesdemayoalosno.com

高齢者もWEB情報に目を背けていられないインターネット社会

WEBの意味とその由来

高齢者もWEB情報に目を背けていられないインターネット社会 WEBとは、インターネット上で基本的に用いられている、文書の公開、閲覧システムのことです。文字や画像、動画などを一体化したものをネット上で公開したり配布したりすることができます。また、それを入手、閲覧することもできます。

文書内に別の文書への参照を埋め込むことが可能な、ハイパーテキストというシステムの一種であるWEBとは、クモの巣の意味を持ち、大規模なハイパーテキストの文書と文書のつながりを絵にするとなクモの巣の様に見えることから、このように呼ばれます。

WEBで情報を公開しているコンピュータやソフトウェアのことをWEBサーバと呼び、そのWEBサーバから情報を受けとって利用するコンピュータやソフトウェアのことをWebクライアントといいます。WEBクライアントのうち、WEBページの内容を整形して画面に映し出し、人がページを閲覧するために用いるものを主にWEBブラウザということもあります。WEBサーバとWEBクライアントの間の通信にはHTTPと呼ばれる通信規約、通称プロトコルが標準的に用いられます。WEBは1989年に欧州核物理学研究所のティム・バーナーズ・リー氏が論文公開閲覧システムとして考案したのが基礎となっています。

注目情報