crucesdemayoalosno.com

高齢者もWEB情報に目を背けていられないインターネット社会

紙ベースの宣伝広告を換えてきたWEB経由の商品売買スタイル

高齢者もWEB情報に目を背けていられないインターネット社会 顧客に対するメーカーや販売業者の宣伝広告が従来、チラシやパンフレットのような紙ベース主体で行われていましたが、パソコンに続いて携帯型の情報端末機器の急速な普及によりインターネット環境が社会の至る所ですっかり整備されつつあるのでWEBを利用する宣伝広告へ急速にシフトしています。顧客の消費行動が元々、百貨店や店舗等へ出かけることが当たり前だったところへパソコンだけでなくスマートフォン、タブレット端末からインターネットを介して商品やサービスを注文する方へシフトしつつあるので、メーカーや販売業者が営業方法を方針転換することは当然だと見られています。

しかも、注文した商品が宅急便で顧客の希望する日時に到着するし、商品の品質や数量あるいはカード決済等も重大な問題の発生することが殆ど起こっていません。また、メーカーや販売業者はWEBを介した商品の販売で経費削減が期待され、顧客は利便性や時間の節約が期待され、双方がウィン〜ウィンの関係にあるので、将来的にメーカーや販売業者と顧客がWEB経由で向かい合う商品売買スタイルはそのウエイトを高めていくことが当然視されています。

このような消費者の消費行動が広まるにつれて商品の宣伝広告は益々WEB発信に傾いていきそうです。この場合、紙ベースであれば文章と絵で構成されますが、WEB発信ではその他に動画を交えて一層視覚的に宣伝広告できるので、メーカーや販売業者の消費者に対する広告宣伝合戦は一層激しくなりそうです。

注目情報